マイナンバー制度 対策セミナー ~梅屋真一郎氏らが人事・採用ご担当者様向けに制度開始までの対応手順や具体策を解説。

人事向け必修講座~いよいよ番号通知スタート!求められる厳格な情報管理/事前準備から実務対応まで、専門家が具体的に解説
人事・採用ご担当者様のためのマイナンバー制度対策セミナー 東京:10月27日(火)

セミナープログラム&講師紹介


第1部

今からはじめる
事業者のマイナンバー対応
~知っておくべき事と準備の進め方~

野村総合研究所 未来創発センター
制度戦略研究室長

梅屋 真一郎 氏

梅屋 真一郎 氏

東京大学卒業、野村総合研究所入社、システムサイエンス部配属の後、NRIアメリカ(ニューヨーク)、野村ローゼンバーグ(サンフランシスコ)出向。帰国後、金融関連本部にて活動。経営企画部を経て、2013年4月より現職。
【現活動】
長年、金融機関を顧客とし、金融制度変更による影響を調査、分析、投資信託や確定拠出年金などのソリューション提案、プロジェクト推進に関わってきました。2013年より新設された制度戦略研究室の室長に着任して、新しい制度の分析、あるべき姿を提案し、企業を支援しています。

第2部

マイナンバー制度
残る期間で
なにをどう準備するか

株式会社だいこう証券ビジネス
執行役員 業務企画部長

田岡 成基 氏

田岡 成基 氏

1988年、野村證券入社。営業店2支店を経て、本社にて、人事関連、総務関連、営業店業務構築・コンプライアンス管理を担当。2009年、だいこう証券ビジネス出向、営業推進部部長。2014年より現職。

金融機関からのBPO受託に向けて、NISAプロジェクト、金融所得一体化プロジェクトに続いて、マイナンバープロジェクトを手掛ける。

第3部

マイナンバーが変える
現場の採用実務

HRソリューションズ株式会社



セミナーご参加者全員の特典


定めていないと行政指導の対象となる
特定個人情報保護に関する規程から
管理台帳、マニュアル、社内向けレター、
スケジュールイメージまで

マイナンバー 社内規程集
(体制整備チェックリスト付)

ご参加された方に、ファイルのダウンロードURLを会場にてお伝えします。
(作成:弁護士法人三宅法律事務所 弁護士 渡邉 雅之 氏)

マイナンバー 社内規程集


セミナー概要


東京の開催日時・会場

2015年
3月18日(水) 満席
4月22日(水) 満席
5月19日(火) 満席
6月17日(水) 満席
7月14日(火) 満席
7月16日(木) 満席
7月21日(火) 満席
8月18日(火) 満席
9月8日(火) 満席
10月7日(水) 満席
10月27日(火) 満席

13:30~16:30(13:00受付開始)

10月27日(火)の会場

HRソリューションズ株式会社 セミナールーム

東京都中央区日本橋3丁目10-5 オンワードパークビルディング 10F


大阪の開催日時・会場

2015年
8月4日(火) 満席
9月16日(水) 満席
10月13日(火) 満席

13:00~16:00(12:30受付開始)

10月13日(火)の会場

ナレッジキャピタル カンファレンスルーム B02

大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館タワーB 10F

アクセス情報(ナレッジキャピタル公式サイト)


参加費

8,000円(消費税別)


主催 : HRソリューションズ株式会社


※全日程終了しました。多数のご参加をいただき、誠にありがとうございました。


マイナンバー制度について

いよいよ2015年10月より全国民に通知され、2016年1月から社会保障(各種保険等)や税(所得税、住民税等)、災害対策の行政手続きで必要になるマイナンバー(個人番号)。税や社会保険の手続きにおいて、全企業にこのマイナンバーの対応が義務付けられており、組織的な把握と実務対応が不可欠です。

経営リスクを伴う

企業は、全従業員からマイナンバーの提供を受けることになります。とくに従業員規模が大きい企業にとって、取扱い件数増大に伴い、事務工数が非常に重くなることが想定されます。

マイナンバーは、センシティブな個人情報を容易に紐づけることができる非常に機密レベルが高い情報であるため、厳格な安全管理策が求められます。マイナンバー法(番号法)に違反した場合、従来の個人情報保護法以上に厳しい罰則(最高で懲役4年の刑事罰、もしくは200万円以下の罰金)が、企業や従業員に適用されます。

安全性を保ちながら適切にマイナンバーを取り扱うには、情報管理体制や業務システムを整備することが必要になることが予想されます。 マイナンバー制度への対応は、あらゆる経営リスクを正しく理解したうえで進めていく必要があります。

人事・採用部門におけるマイナンバーの取り扱い

マイナンバー制度のスタートまで約1年と、極めて切迫した状況であるにも関わらず、こうした大きなリスクをはらんでいることは、あまり知られていません。全国の経営者や人事担当者などを対象とした調査によると、マイナンバーに対する企業の認識はまだ乏しく、「準備を始めていない」と答えた方が約7割を占めています(※)。

とりわけ人材採用、労務、給与の業務を擁する人事部門は、その担当領域と業務特性上、マイナンバーの取り扱いは避けられません。実務上マイナンバーとの関わりが深いため、マイナンバー制度導入・運用の主導的立場になることも考えられ、多くの企業において、前述のリスクにとても近いポジションとなるでしょう。

当セミナーの特色

当セミナーは、そんな人事・採用部門責任者様のバックアップを主眼としています。法律、実務対応の専門家が、人事・採用部門責任者の視点に立って、徹底解説。マイナンバー制度が全社に与える影響を踏まえたうえで人事・採用部門の担当領域に焦点を当て、制度開始までの残された準備期間で行うべきことや、通常業務へのインパクト、違反時の罰則規定、そして、2016年1月の制度運用開始までの手順など、ポイントをおさえてお伝えいたします。加えて、実際のマイナンバー取得・本人確認・保管ができるソリューションも、デモを交えてご紹介いたします。

これからマイナンバー制度に対応される企業様が、正しく法律・制度を理解し、確実かつスムーズに実務対応への準備を進められるよう、当セミナーを通じてご支援いたします。

※日本の人事部(株式会社アイキュー)人事白書トレンドアンケート『マイナンバー制度』(2014/9/8)

セミナーお申し込み〜ご来場までの流れ


STEP1 お申し込み

「参加申し込みはこちら」ボタンをクリックまたはタップしてお申し込みページにお進みいただき、必要事項をご入力の上、送信ください。
※一緒に参加される方の人数もご入力ください。
※この時点ではお申し込みは確定しておりません。
※お申し込みの翌営業日に、事務局より参加費お振り込みについてのご案内をメールでお送りいたします。

STEP2 参加費お振り込み

当社指定の銀行口座に参加費をお振り込みください。
※お振り込み口座情報は上記STEP 1で事務局から送信するメール内に記載されます。
※複数の方でのご参加の場合は、お申し込み代表者の方にて一括でお振り込みお願いいたします。
※お振り込み期限は以下をご確認ください。
  東京:10月27日(火)開催分→10月22日(木)締切
※期日までにお振り込みいただけない場合は、ご参加いただけませんので予めご了承ください。
※お振り込み後のご参加キャンセル、または人数変更による払い戻しはいたしません。予めご了承ください。

STEP3 受講票メール送信

お振り込みを確認させていただいた後、事務局より受講票をメールでお送りいたします。
※お申し込み単位での発行となります。
※受講票メールは各開催日の2営業日前までに送信いたします。
※領収書はこのメールからダウンロードいただけます。

STEP4 ご来場

当日は以下をご持参ください。
■ お名刺(ご参加者全員)/ ■ 受講票メール
※受講票メールは、印刷されたもの、またはスマートフォン端末などで表示して受付に提示お願いします。
※複数の方でのご参加の場合は、一緒のご入場をお願いいたします。

COPYRIGHT © 2015 HR Solutions Corp. All Rights Reserved.